将来が不安なら今のうちにマンション経営を始めよう

レディ

立地条件次第のアパート

相続税の課税対象を避ける目的でサブリース方式を利用してアパートを建てる場合、資金計画には余裕を持つことが必要不可欠です。アパート経営者となっても築年数経過につれて住宅メーカーとの業務委託契約更改時に契約条項が見直されて、収入の下がる傾向があり、ローン返済に支障を生じることがあるからです。

不動産経営のメリット

集合住宅

賃貸経営による不労所得

景気が悪化している状況から、例え会社勤めの方でも資産運用を行なっているというケースが増加している傾向にあります。個人で行なえる資産運用には様々な種類があり、利益や注意点を確認しながら選択する必要があるでしょう。個人で行なえる資産運用の一つとして不動産投資があり、その投資の一環としてマンション経営があります。マンション経営は、マンションを丸ごと、あるいは室で購入し、これを賃貸経営することで、長期的かつ継続的に家賃収入をすることができます。これにより不労所得を確保することができますので、老後の生活資金の準備に極めて有効です。

不動産投資のメリット

投資や不動産経営というと、まとまったお金がないとできないようなイメージが強くあります。しかし、マンション経営の特徴は、自己資金がなくても投資が可能であるという点です。もちろん、マンションを購入するためには多額の資金が必要です。この資金を自分で用意する必要はなく、購入するマンションを担保にして、住宅ローンを組むことができます。このため、自己資金がなくてもマンション経営を行なうことができます。毎月の住宅ローンの返済は、家賃収入で賄っていくことができます。そして、住宅ローンを完済した後は、安定した家賃収入として確保することができます。金融資産と異なり、マンションは実物資産ですので、経営を終わりたいときは売却することで一時金を手に入れることもできます。家賃収入が個人年金としての役割を果たしますので、年金を補完し、ゆとりある老後を設計することができます。

メンズ

M&Aの基礎知識を知ろう

企業買収は、シナジー効果を生むために近年積極的に日本でも行われるようになって来たM&A。の手法です。本当の意味で成功させるためには、マッチングから条件交渉、アフターマネジメントまでを過不足なく行える優れたアドバイザーの存在も欠かせないでしょう。

女性

アパート経営初心者にも

家賃債務保証制度は、アパート経営を円滑に行うために、とても有益な制度といえます。滞納のリスクを抑えることができる点が大きな魅力です。また、入居率が上がることにより更なる利益に繋げられるのです。